111:~
ネコバはブレーカーが落ちる、という概念がないからな~
洗濯機回しながら~
電子レンジ使うにゃー~
ばつんっ~
誰だ!!!~
だだだだだ~
くそー~
また誰かがブレーカーを落としやがった~
誰がやったんだ~
ネコ長か?~
ネコ長「なんでやねん~
くそー~
ひとりでに、落ちるはずは無いんだ~
電気をたくさん使うときに限って~
困らせようと~
ここを落としてきやがるんだ~
ええか、ここに触ったらいかんぞ~
電気が使えなくなるんだからな~
~
九条エミリア:~
答え出とるやん~
猫長「答え出とるやん~
~
111:~
ネコ長がそれを言っても~
はあ? という顔をする~
ちょっとみとれと~
2Fで、電灯のスイッチを押すのだ~
かちり~
どうだ~
1Fのスイッチは動いたのか~
動かない~
そうだろう~
ブレーカーも、勝手に動くわけねえんだよ~
誰かが触らなきゃな~
~
九条エミリア:~
ネコバ家は未だヒューズを使ってるからな~
~
111:~
しかしあれだぞ~
大人に教わってなかったら~
一人暮らしした時に~
初めてブレーカー落ちたのを経験したら~
もう訳分かんないと思うぞ~
なんで物理的に動くんだ???~
他にそんな家電ないだろ~
~
九条エミリア:~
ネコバの親は普通の猫だからな~
~
111:~
だからネコ長くんとの知識差があるのだろうなあ~
ネコ長くんは人間の子供とも遊ぶから~
~
九条エミリア:~
どういう関係性なんだ・・・~
猫長くんはニューエイジ~
~
111:~
身体をなめろ~
みたいに言われて~
嫌だなあと思っているのだ~
それが猫の文化だと言われても~
シャワー浴びればいいじゃんと~
~


  最終更新のRSS